視力回復なら神奈川クリニック眼科 レーシックとはレーザーを使った治療法で視力矯正をする視力回復で強度の近視・遠視・乱視に効果

視力回復レーシックのおすすめは
安心、安全、低価格の
神奈川クリニック眼科  

口コミでも評判が良い神奈川クリニック眼科。コンチェルトなどのレーザーを使った最新治療法で視力矯正をする視力回復術で失敗もなく手術費用も安い。強度の近視・遠視・乱視でも日帰り帰宅可能。

| HOME |

レーシックで近視・遠視・乱視治療 視力回復

神奈川クリニック眼科 レーシック

beautyeyes.jpg



「レーシック(lasik)とは?」

レーシック(LASIK)とはエキシマレーザーによって角膜の表面形状を変化させ近視や乱視・遠視を矯正する視力を回復法です。

角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視・遠視を治療することができます。当院の手術顧問であるクレタ大学学長イオアニス G パリカリス博士が考案し、世界中で年間数百万人の方が快適な裸眼生活を手に入れています。

レーシックが開発されてすでに10年以上。その安全性、確実性、長期経過等が確認されています。レーシックはかつての屈折矯正手術や近視手術のように不確実な効果をもたらすものではなく、従来の手術とは比較にならないほど費用も安くなり安全に近視・乱視・遠視を治すことができるようになりました。

エキシマレーザーはすでに90年代に、非常に厳しい審査基準をもつ米国FDA(食品医薬品局)の認可を受け、日本では慎重な臨床治療試験を経て2000年1月に厚生労働省から認可がおりました。米国では毎年100万件以上の手術が行われ、近視の人の約10%がこの手術を受けていると言われています。

日本でも毎年6万件以上手術が行われており、手術を受ける人は年々増えております。

レーシックの安全性に関して議論していた時代はすでに過去のものとなり、メガネ、コンタクトレンズ、レーザー治療のなかから自分にあった矯正方法を選ぶ時代になっています。



今までの生活ではこんな不便がありませんか?

1.近視が進行しすぎて視力が0.1を切っていて眼鏡やコンタクトがないと生活ができない。 

2.コンタクトをつけはじめて、もう10年以上。ケア用品も含めると
もう何万円も使っていて今後も続くと思うと気が重い。

3.普段は眼鏡を使用していますがスポーツをする時にはコンタクトにつけ変えるのが面倒くさい。

4.眼鏡やコンタクトがなくても視力は0.5くらいで裸眼ですごして
いるが暗いところや遠くの文字がぼやけて見えずらい事がよくある。




こんな生活は終わりにしませんか?

悩んでも時間は止まりませんよ。


まずは悩んでいないで、カウンセリングを受けてアドバイスを聞いてみるのが一番です。

心のケアもしっかりとしてもらえるので安心です。

「レーシック」があなたの人生を変えることは間違いありません。

レーシック手術を受けて眼鏡とお別れをした方の多くは見た目の変化だけではなくて別人のように明るい性格に変わった印象を受けます。

レーシック(視力回復術)をする事によって得られるメリットってたくさんあるんです。


1.わずらわしい眼鏡やコンタクトから開放される。


3.眼鏡をかけなくてすむので見た目も変化が現れる。


4.今まで裸眼でいた人で遠くのものを見るときに目を細めたりして目つきが悪いと言われなくなる。


5.コンタクトをつけたまま寝てしまった。。という事もなくなります


6.はっきりとした視界を手にする事ができる。


7.コンタクトをする事によって衛生面からの目の病気の危険がなくなる。


8.なによりストレスから開放される。

神奈川クリニック レーシックのご料金について

神奈川クリニック レーシック手術について

beauty.jpg

  • レーシックはもともと安全な視力回復手術の方法ですが、神奈川クリニック眼科では、全て専用の手術室クリーンルームでレーシック(CR-レーシック)を行うことで、より高い安全性を確保しています。手術時間は、このクリーンルームへの入室から退出まで両眼で約10分、片眼で5分程度です。


  • 手術後は入院も必要ありませんので日帰りでお帰りいただけます。
  • なお、当院ではさらに進化した手術方法である「イントラレーシック」を中心に手術を行っています。


カウンセリングについて

カウンセリングではレーシックの手術が可能どうかなど、瞳の状態を医師が判断してあなたに最適な手術方法をご提案いたします。
色々なレーシック方法の中からあなたにピッタリ合ったレーシックをお選びいたします。

手術について

stp_intralasik01.jpg

眼内を洗浄・消毒したあと、目薬タイプの麻酔薬で局所麻酔を行います。


stp_intralasik02.jpg

開瞼器で、手術する眼のまぶたを固定し、角膜にマーキングをします。これにより、術後、フラップを元通り正確な位置に接着させます。
マイクロケラトームという医療器具を用いて、フラップを形成します。




stp_intralasik03.jpg

フラップをめくり、角膜の実質層にエキシマレーザーを照射、角膜の屈折力を調整します。

照射時間は当院のエキシマレーザー(コンチェルト)であれば5秒程度で、指示に従って光源を見ていただいている間に終わります。


stp_intralasik04.jpg

余分な水分や異物などは洗浄してきれいに取り除き、入念な消毒をした後に、マーキングに従ってフラップを元の位置に戻します。フラップは自然に接着されます。



stp_intralasik05.jpg

開瞼したまま2分程度安静にしてから点眼薬をし、レーシックは終了です。


レーシック手術後のアフターケアについて

※術後の経過には個人差がありますので、以下は一応の目安とお考えください。


眼を清潔な状態に保つため、外出時は1週間ほど保護用眼鏡(無料でお渡し致します)をご使用ください。

内服薬・点眼薬(無料でお渡し致します)を医師の指示通りご使用ください。
飲酒・喫煙については、3日間はお控えください。

仕事は、基本的に翌々日から可能ですが、職種によって差がありますので、医師にご確認ください。

読書やテレビ・パソコンは無理をせず疲れない程度にしばらく控え、自動車・バイク等の運転は夜間の見え方に慣れるまでは控えるようにしてください。

眼に負担がかかるスポーツ(水泳など)は、約1ヶ月後から可能です。詳細は、担当医にご確認ください。


↓予約、お申し込み、ご相談はこちらからお願いします。期間限定割引価格でご利用になれるプランもあります。↓↓

視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科